後期 臨床研修医(専修医)募集

はじめに


 慶應義塾大学医学部漢方医学センターでは「患者中心の逃げない医療」をモットーに全人医療として、東西医学の最高峰を極める人材育成に力を入れております。今や漢方は世界でも注目される医学です。このプログラムの目的は、単なる漢方の知識の習得にとどまらず、広い知識、高度な技術と問題解決能力、温かみある人間性を備えた総合医を育成することです。我が国のトップレベルの漢方医学センターで、日本をリードずる総合医を目指してみませんか?

3年間を漢方医学の研修期間とします。最初の2年間は、慶應義塾大学病院において外来研修、古典輪読会等により漢方医学基礎理論の習得に努めます。最後の1年間では、関連施設において漢方医学理論をより深く学び、整理し、希望により湯液以外(鍼灸等)についても研修します。
当センターの後期研修(専修医)プログラムの詳細はこちら >>>

1)初期臨床研修医課程を修了した者、あるいは平成27年度末で修了予定の者。
あるいは
2)他の診療科において後期研修を終了し、基本領域(内科、外科など)学会の認定医あるいは専門医を取得した者。

1)の場合は、採用後最初の2年間、慶應義塾大学医学部内科において内科研修を行った後に漢方医学の研修を行うため、

実際には5年間を要します。

また、採用試験の際に内科の受験も必要とします。
2)の場合は、直ちに漢方医学の研修を開始します。

若干名

慶應義塾大学医学部後期臨床研修に関する制度に準じます。

面接のうえ、採用を決定します。

1)応募書類  詳しくはこちら
卒後研修センターのホームページに慶應義塾大学医学部全体での募集要項および応募書類をお知らせしております。この書類の他に下記を加えて、卒後研修センター宛、応募して下さい。
a) 小論文
タイトル:漢方医学を志した理由
字数:1000字前後
書式:自筆、原稿用紙(縦、横自由)に記載すること
b) 現在の所属長の推薦状1通
書式は特に定めません。


2)専修医選考

専修医説明会を2015年9月18日(金)に医局にて開催しました。


 平成27年度 慶應義塾大学医学部漢方医学センター専修医選考を
2015年11月24日(火)18時00分から、
仮設D棟2F 漢方医学センター医局にて
開催いたします。

MAP(37番の建物)

[アクセス]総武線「信濃町」駅下車徒歩1分、都営大江戸線「国立競技場」駅下車(A1番出口)徒歩約5分


3)その他専修医希望者向けイベント



〒160-8582 東京都新宿区信濃町35
慶應義塾大学医学部漢方医学センター
電話 03-5366-3824  FAX 03-5366-3825

ページトップ▲