研究業績

慶應義塾大学医学部 漢方医学センター 業績 2014年


◇著書
1. 渡辺賢治(分担執筆)。精神疾患(認知症)に対する漢方療法。精神疾患最新の治療。東京。南山堂 2015
2. 小川由英(分担執筆)。 男子性発育の異常 今日の診断指針 第7版(金澤一郎、永井良三) pp.446-447、医学書院、東京、2015
3. 村松慎一 耳鼻咽喉科で漢方薬を使用するにあたって −選び方と使い方(副作用, 薬物相互作用), 耳鼻咽喉科早わかり漢方薬処方ガイド, 市村恵一 編, 中山書店, 東京, 2015, pp12-16.
4. 村松慎一 神経内内科と漢方〜頭痛・めまい・しびれから, Parkinson病まで〜, 使ってみよう漢方薬, 小野孝彦 編, 文光堂, 東京, 2015, pp62-67.
5. 吉野鉄大(分担執筆)。「冷え」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
6. 大岸美和子(分担執筆)。「易疲労感」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
7. 濱口卓也(分担執筆)。「食欲不振」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
8. 小池宙(分担執筆)。「便秘」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
9. 小池宙(分担執筆)。「下痢」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
10. 吉野鉄大(分担執筆)。「風邪」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
11. 徳永秀明(分担執筆)。「めまい」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
12. 沢井かおり(分担執筆)。「月経痛(月経困難症)」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
13. 坪井貴嗣(分担執筆)。「抑うつ・不安」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
14. 有田龍太郎(分担執筆)。「BPSD」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
15. 小川由英,香野友帆(分担執筆)。「排尿困難」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
16. 前嶋啓孝(分担執筆)。「慢性湿疹」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
17. 有田龍太郎(分担執筆)。「頭痛」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
18. 吉田祐文(分担執筆)。「膝痛」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
19. 沢井かおり(分担執筆)。「不眠」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
20. 大岸美和子(分担執筆)。「咽頭閉塞感」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
21. 濱口卓也(分担執筆)。「痔」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
22. 吉野鉄大(分担執筆)。「こむら返り」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
23. 堀場裕子(分担執筆)。「浮腫」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
24. 濱口卓也(分担執筆)。「打撲」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
25. 堀場裕子(分担執筆)。「凍瘡」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015
26. 堀場裕子(分担執筆)。「妊娠悪阻」 治療特別編集 先生、漢方を鍼灸を試してみたいんですけど…患者さんに言われて困ったときに読む本。 南山堂 東京 2015

◇原著
1. Arita R, Yoshino T, Hotta Y, Miyamoto Y, Osawa I, Takemoto O, Watanabe K. National cost estimation of maoto, a Kampo medicine, compared with oseltamivir for the treatment of influenza in Japan. Traditional & Kampo Medicine. 6 AUG 2015 DOI: 10.1002/tkm2.1027.
2. Ogawa Y, et al. Transplantation of Restored Kidneys from Unrelated Donors after Resection of Renal Cell Carcinoma: Results from 10 Patients Transplantation Proceedings 47 (2015), pp. 1711-1719
3. Kudoh C, Arita R, Honda M, Kishi T, Komatsu Y, Asou H, Mimura M. Effect of ninjin'yoeito, a Kampo (traditional Japanese) medicine, on cognitive impairment and depression in patients with Alzheimer's disease: 2 years of observation. Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society 2015;10.1111/psyg.12125.
4. Torii T, Miyamoto Y, Yamamoto M, Ohbuchi K, Tsumura H, Kawahara K, Tanoue A, Sakagami H, Yamauchi J. Arf6 mediates Schwann cell differentiation and myelination. Biochem Biophys Res Commun; 465(3):450-7 (2015).
5. Kakegawa W, Mitakidis N, Miura E, Abe M, Matsuda K, Takeo Y H, Kohda K, Motohashi J, Takahashi, A, Nagao S, Muramatsu S, Watanabe M, Sakimura K, Aricescu A R and Yuzaki M: Anterograde C1ql1 signaling is required in order to determine and maintain a single-winner climbing fiber in the mouse cerebellum. Neuron, 85: 316-329, 2015.
6. Ito H, Shiwaku H, Yoshida C, Homma H, Luo H, Chen X, Fujita K, Musante L, Fischer U, Frints SG, Romano C, Ikeuchi Y, Shimamura T, Imoto S, Miyano S, Muramatsu S, Kawauchi T, Hoshino M, Sudol M, Arumughan A, Wanker EE, Rich T, Schwartz C, Matsuzaki F, Bonni A, Kaischeuer VM and Okazawa H: In utero gene therapy rescues microcephaly caused by Pqbp1-hypofunction in neural stem progenitor cells. Mol Psychiatry, 20(4):459-471, 2015.
7. Lee NC, Muramatsu S, Chien YH, Liu WS, Wang WH, Cheng CH, Hu MK, Chen PW, Tzen KY, Byrne BJ and Hwu WL: Benefits of neuronal preferential systemic gene therapy for neurotransmitter deficiency. Mol Ther, 23(10):1572-1581, 2015.
8. Nakamura S, Osaka H, Muramatsu S, Aoki S, Jimbo EF and Yamagata T: Mutational and functional analysis of Glucose transporter I deficiency syndrome. Mol Genet Metab, 116(3):157-162, 2015.
9. Ohnishi T, Yanazawa M, Sasahara T, Kitamura Y, Hiroaki H, Fukazawa Y, Kii I, Nishiyama T, Kakita A, Takeda H, Takeuchi A, Arai Y, Ito A, Komura H, Hirao H, Satomura K, Inoue M, Muramatsu S, Matsui K, Tada M, Sato M, Saijo E, Shigemitsu Y, Sakai S, Umetsu Y, Goda N, Takino N, Takahashi H, Hagiwara M, Sawasaki T, Iwasaki G, Nakamura Y, Nabeshima Y, Teplow DB and Hoshi M: Na, K-ATPase α3 is a death target of Alzheimer patient amyloid-β assembly. Proc Natl Acad Sci U S A, 11;112(32):E4465-E4474, 2015.
10. Sumi K, Uno K, Matsumura S, Miyamoto Y, Furukawa-Hibi Y, Muramatsu S, Nabeshima T and Nitta A: Induction of neuronal axon outgrowth by Shati/Nat8l by energy metabolism in mice cultured neurons. Neuroreport, 9; 26(13):740-746, 2015.
11. Kanazawa M, Ohba H, Harada N, Kakiuchi T, Muramatsu S and Tsukada H: Evaluation of 6-11C-methyl-m-tyrosine as a PET probe for presynaptic dopaminergic activity: a comparison PET study with β-11-L-DOPA and 18F-FDOPA in parkinson's disease monkeys. J Nucl Med, in press.
12. 渡辺賢治,武田華子。未病への挑戦 健康経営の必要性。SFCジャーナル Vol.15 No.1:2015
13. 小池 宙、山田邦子、藤井幸太郎、壁谷悠介、渡辺賢治、塚田信廣、三村 將。東京都心部におけるインフルエンザ菌の抗菌薬耐性の経年的変化(2004年-2013年)。日本プライマリ・ケア連合学会誌2015;38:263-267
14. 吉野鉄大、堀場裕子、牧田和也、片山琴絵、宗形佳織、山口 類、井元清哉、宮野 悟、渡辺賢治。月経困難症に対して頻用される当帰芍薬散と桂枝茯苓丸の使い分けを支援する統計的モデルの検証。産婦人科漢方研究のあゆみ 2015;32:96-99
15. 伊藤亜希、宗形佳織, 今津嘉宏, 渡辺賢治。がん診療における医師の漢方医学に対する学習の実態。日本東洋医学雑誌 2015;66:165-172

◇総説
1. Watanabe K, Plotnikoff GA, Sakiyama T, Reissenweber-Hewel H. Collaboration of Japanese Kampo medicine and modern biomedicine 2015. Evid Based Complement Alternat Med. 2015; 2015: Article IDF 145721.
2. 渡辺賢治。がんの漢方治療。癌と化学療法 2015;42(13):2414-2417
3. 渡辺賢治。超高齢社会を乗り切る漢方の知恵。痛みと漢方2015;25:35-42
4. 渡辺 賢治。【漢方をうまく使う-今すぐ使える処方ガイド】 漢方における新しいエビデンス。成人病と生活習慣病2015;45: 161-166
5. 渡辺賢治。漢方薬使い分けの極意 呼吸器・アレルギー疾患。練馬区医師会だより2015;563:25-32
6. 渡辺賢治。「この症例に、この漢方」頭痛の漢方治療 クリニックマガジン 2015;42(9):20-22
7. 小川由英 この症例にこの漢方(第14回) 乳糜尿(膏淋)Clinic magazine 36(7):29-31,2015
8. 大村伸一郎 この症例にこの漢方(第12回) 不育症と漢方 Clinic magazine No.549:21-23 2015
9. 上野眞二, 村松慎一 生活習慣病に対する漢方 脳神経疾患. 特集 漢方をうまく使う−今すぐ使える処方ガイド 成人病と生活習慣病 日本成人病(生活習慣病)学会準機関誌, 2015 Vol.45 No.2 213-217, 2015.
10. 小池宙 動悸・息切れ-ヤバい病気の見つけ方 そして見つからなかった時の対処法【動悸・息切れ症状の標準的マネージメントとプラスワン】 動悸・息切れを治す漢方治療 総合診療 第25巻1号pp.48-50,2015
11. 濱口 卓也、渡辺 賢治。服用タイミングと飲み合わせによる漢方薬の有効性の違い。日本医事新報 2015;4757:65

◇学会報告
1. Watanabe K. Optimizing and evaluating the oncology clinical development pathway in Japan through Kampo Igaku. Oncology Asia. Tokyo, Japan 2015/9/7-9.
2. Yoshino T, Horiba Y, Watanabe K. Visualization and standardization of Japanese Kampo medicine with large clinical data base. 3rd International Symposium for Japanese Kampo Medicine. Vienna, Austria 2015/6/19
3. Watanabe K, Kostanjsek N. Field trial of traditional medicine chapter in ICD-11. 3rd International Symposium for Japanese Kampo Medicine. Vienna, Austria 2015/6/19
4. Yoshino T, Horiba Y, Watanabe K. Use of Kampo medicine in university hospital. The 10th International Congress in Complementary Medicine Research. Jeju, Korea 2015/5/13-15.
5. Arita R, Yoshino T, Horiba Y, Watanabe K. Mental symptoms can be treated with Japanese kampo formula, yokukansan and its variables. The 10th International Congress in Complementary Medicine Research. Jeju, Korea 2015/5/13-15.
6. Hamaguchi T, Yoshino T, Horiba Y, Watanabe K. Kampo treatment for low back pain in elderly patients. The 10th International Congress in Complementary Medicine Research. Jeju, Korea 2015/5/13-15.
7. Koike H, Yoshino T, Horiba Y, Watanabe K. Characteristics of patients with cancer treated with Japanese Kampo medicine. The 10th International Congress in Complementary Medicine Research. Jeju, Korea 2015/5/13-15.
8. Yoshino T, Katayama K, Munakata K,Horiba Y, Yamaguchi R, Imoto S, Miyano S, Watanabe K. Development of clinical decision support system of Japanese Kampo medicine use of Kampo medicine in university hospital. The 10th International Congress in Complementary Medicine Research. Jeju, Korea 2015/5/13-15.
9.  渡辺賢治。逃げない医療 ~プライマリ・ケアに役立つ漢方処方~。日本プライマリ・ケア連合学会 第29回近畿地方会 奈良 2015/11/29
10. 渡辺賢治。漢方で体の声を聞こう。神奈川県立がんセンター 2015/9/18
11. 渡辺賢治。病院総合診療医のための逃げない医療~漢方の力~。第11回日本病院総合診療医学会総会 奈良 2015/9/4-5
12. 渡辺賢治。「和漢薬の臨床 私の漢方治療の考え方」 神経難治性疾患における漢方治療。 第32回和漢医薬学会学術大会 富山 2015/8/22-23
13. 渡辺賢治。呼吸器疾患の漢方治療。第55回日本呼吸器学会学術講演会 東京2015/4/17-19
14. 渡辺賢治、竹村洋典 シンポジウム「プライマリ・ケアで役立つ漢方~漢方薬を治療手段のひとつにする~」(企画)。第6回日本プライマリケア連合学会学術大会 筑波 2015/6/13-14
15. 福澤素子 Characteristics of Traditional Japanese Medicine Viewed from the Aspect of Frequent Prescription : 日韓学術交流シンポジウム「頻用処方から見る漢方・韓医学の特徴」, 第66回日本東洋医学会学術総会, 2015年6月, 富山
16. 伊藤亜希、杉田敦之、渡辺賢治。漢方医学教育におけるeラーニングの有用性と問題点。第66回日本東洋医学会学術総会。富山。2015/6/12-14
17. 有田龍太郎、吉野鉄大、片山琴絵、堀場裕子、宗形佳織、山口 類、井元清哉、美馬秀樹、宮野悟、渡辺賢治。患者中心の自動問診システムを目指した課題抽出とその解決。第66回日本東洋医学会学術総会。富山。2015/6/12-14
18. 吉野鉄大、片山琴絵、堀場裕子、宗形佳織、山口 類、井元清哉、美馬秀樹、宮野 悟、渡辺賢治。最新版自動問診システムへの移行に関する影響の評価。第66回日本東洋医学会学術総会。富山。2015/6/12-14
19. 小池 宙、堀場裕子、渡辺賢治、三村 將。帰脾湯合五苓散加附子が奏功した特発性下腿浮腫の1例。第66回日本東洋医学会学術総会。富山。2015/6/12-14
20. 沢井かおり、渡辺賢治。補剤としての当帰湯の効能。第66回日本東洋医学会学術総会。富山。2015/6/12-14
21. 堀場裕子、吉野鉄大、渡辺賢治。続発性無月経に柴胡剤が奏功した2例からの検討。第66回日本東洋医学会学術総会。富山。2015/6/12-14
22. 渡辺賢治。漢方医学の標準化 国際化への対応と課題 問診からの診療支援ツール開発。第66回日本東洋医学会学術総会。富山。2015/6/12-14
23. 大岸美和子、吉野鉄大、沢井かおり、堀場裕子、渡辺賢治、三村 將。甘麦大棗湯が有効であった2例。第66回日本東洋医学会学術総会。富山。2015/6/12-14
24. 高梨馨太、団 克昭、本村朋子、神崎 晶、渡辺賢治、小川 郁。補中益気湯のオートファジーを介した抗インフルエンザウイルス機構の検討。日本薬学会第135年会 神戸2015/3/25-28.
25. 吉野鉄大、福田秀彦、渡辺賢治。温清飲加減でバセドウ病の症状が改善した一例。漢方治療研究会。東京。2015
26. 小池宙、堀場裕子、渡辺賢治。抑肝散加陳皮半夏で倦怠感が改善した3例。漢方治療研究会。東京。2015
27. 濱口卓也、吉野鉄大、堀場裕子、吉田祐文、渡辺賢治。大防風湯が奏功したリウマチ性多発筋痛の一例。漢方治療研究会。東京。2015
28. 原 澄子、南郷 周児、早田 弘美、佐野 陽子、大村 伸一郎。腹腔鏡下卵巣嚢腫摘出術(成熟奇形腫)における回収袋―メモバッグ―の有用性。平成26年度杉並区医師会学術研究発表会 東京 2015.2.21
29. 原 澄子、佐野 陽子、早田 弘美、南郷 周児、大村 伸一郎。当院における硬膜外無痛分娩と分娩第一期、第二期時間の検討。平成26年度杉並区医師会学術研究発表会 東京 2015.2.21 
30. 原 澄子、佐野 陽子、早田 弘美、南郷 周児、大村 伸一郎。硬膜外無痛分娩における分娩第一期、第二期の時間の検討。第67回日本産科婦人科学会学術講演会 2014.4.18~4.20 パシフィコ横浜
31. 原 澄子、勝手 恵理子、南郷 周児、早田 弘美、佐野 陽子、大村 伸一郎。 腹腔鏡下付属器切除術を実施した卵巣甲状腺腫性カルチノイドの1例。第55回 日本産科婦人科内視鏡学会 2015.9.10~9.12 パシフィコ横浜
32. 原 澄子、佐野 陽子、南郷 周児、早田 弘美、勝手 恵理子、大村 伸一郎。硬膜外無痛分娩における分娩第一期、第二期の時間と周産期予後の検討。第119回 日本産科麻酔学会学術集会 2015.11.28~11.29 都市センターホテル

◇症例報告
1. Horiba Y, Yoshino T, Watanabe K. Daisaikoto for menstrual pain: a lesson from a case with menstrual pain successfully treated with daisaikoto. Case Rep Med. 2015;2015: 929514. doi: 10.1155/2015/929514.
2. 村松慎一 漢方研究室(29)頭痛. 漢方の臨床, 62 (12):2066-2067(118-119), 2015.
3. 沢井かおり、渡辺賢治。抑うつ症状に防風通聖散が有効であった一例。日本東洋医学雑誌2015;66:203-207
4. 沢井かおり、渡辺賢治。のどのつかえ感に利膈湯を用いた一例。漢方の臨床 2015;62: 1501-1505
5. 沢井かおり、渡辺賢治。発熱と易疲労感に対して半夏瀉心湯が有効であった一例。日本東洋医学雑誌2015;66:311-315
6. 吉野鉄大, 堀場裕子, 牧田和也, 片山琴絵, 宗形佳織, 山口類, 井元清哉, 宮野悟, 渡辺賢治. 月経困難症に対して頻用される当帰芍薬散と桂枝茯苓丸の使い分けを支援する統計的モデルの検証. 産婦人科漢方研究のあゆみ. 2015; 04: 96-99.
7. 吉野 鉄大、清水 芳政、秋葉 哲生、渡辺 賢治。胃切除術後難治性嘔吐を大逆上気ととらえて麦門冬湯を投与した一例。日本東洋医学雑誌 2015;66:45-48
8. 濱口卓也、吉野鉄大、堀場裕子、吉田祐文、渡辺賢治。上腕骨外側上顆炎に起因する疼痛に烏薬順気散加減が奏功した一例。日本東洋医学雑誌 2015;67:50-53

◇講演
1. Horiba Y.Kampo Medicine for Dysmenorrhea. The 10th International Congress in Complementary Medicine Research.Jeju, Korea 2015/5/13-15.
2. 塚田信吾 「埋め込み型Brain Machine InterfaceからSensing Fabric ”hitoe”による常時生体信号計測へ」"Transition of Continuous Biosensing from the Embedded Brain Machine Interface to the Smart Fabric, hitoe" 「ウェアラブル時代の生体情報センシングと健康・医療分野への応用」第54回日本生体医工学会大会 サテライトシンポジウム"The Wearable Biosensing and its Application to the Health and MedicalFields" 2015.5.7
3. 塚田信吾 「ビックデータ時代に向けた医療・スポーツ用ウェアラブル機器の研究開発」電子情報通信学会 ポリマー光部品第32回研究会「ウェアラブル・センサー」2015.7.2
4. 塚田信吾 Sensing Fabric "hitoe"による生体信号の常時計測 電気化学会関東支部主催先端科学セミナー 2015.7.10
5. 渡邉賀子 「女性の不定愁訴に対する漢方治療」産婦人科漢方懇話会 2015.11.12 熊本

◇その他
1. 渡邉賀子 「女性のカラダの基礎講座~これからの元気とキレイの為に~」熊本市男女共同参画センター 2015.6.6 2. 渡邉賀子 「女性の不定愁訴を軽減する炭酸入浴の新知見~炭酸入浴が血管・自律神経に及ぼす影響~」2015秋花王ヒューマンヘルスケアプレスラボ 2015.9.9 3. 渡邉賀子 「身体と「熱」の精妙な働きを知る・冷え症について」セラピスト8月号 2015.7.7 4. 渡邉賀子 「ママのカラダに効く漢方生活」AERA with BABY10月号 朝日新聞出版 2015.9.15 5. 渡邉賀子 「冷え対策」産経新聞 2015.11.11 6. 渡邉賀子 「漢方で冷え症対策」朝日新聞 2015.12.12 7. 沢井かおり 湘南漢方セミナー「婦人科疾患の漢方治療〜漢方的考え方をもとに」大船、2015.9.16 8. 沢井かおり 横浜市港北区薬剤師会学術研修会「漢方外来の実際」横浜、2015.12.8

ページトップ▲