研究内容

漢方薬には少なくとも1500年の歴史があり,徳川家康も八味地黄丸を愛用していたようです。 現在,漢方薬148処方,漢方生薬200種類が保険適用となっています。 そして,医師の9割以上に漢方薬の処方経験があります。 これだけ普及している漢方薬ですが,新薬で行われる臨床評価試験は経ておらず,古典や経験に基づき使用されています。 そのため,今,漢方薬の効果とメカニズムに関して,臨床研究や基礎研究が求められています。

漢方医学センター研究項目
■ 臨床研究

(1)個別化治療の特性を生かした漢方の新規臨床エビデンスの創出
漢方は患者主観を重んじる医学,かつ個別化の医療です。 平成20年度から厚生労働科学研究費によって個々のデータを集積し, それをデータマイニングの手法により漢方の新規エビデンスの創出を行っております。 本研究は東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター,東京大学工学部との共同研究で, わが国における漢方の主要施設と連携しながら推進しております。

イラスト

タッチパネル

イラスト

冷えのある患者のパターンを可視化

■ 漢方の特性を利用したエビデンス創出と適正使用支援システムの構築
■ 自動問診システムと診療録情報を用いた後ろ向き観察研究による
漢方診断予測システムの構築
【研究期間】 平成20年5月から平成32年12月まで(予定)
【研究責任者】 三村將
【研究目的】 漢方の特性である
1)個別化治療
2)患者の主観的愁訴を重視した医療
3)全人医療
を生かした従来にない臨床エビデンスの創出と, 漢方薬の適正使用を促進する診療支援システムの構築を目的としています。
【研究対象】 研究期間に,該当施設の漢方外来を初診で受診した患者
【概要】 複数の大学と診療施設の共同研究として実施しています。
該当施設を受診した患者さんの診療情報(年齢,性別,初診時の症状と採血結果,その後の経過,漢方的診察結果, 舌画像など)を,個人が特定できない匿名の情報として慶應義塾大学医学部漢方医学センターに回収し, 東京大学の協力の下で統計解析を行い後方視的に検討します。
【関連論文】 [9] Horiba Y, Yoshino T and Watanabe K. "Effectiveness of Japanese Kampo treatment in dysmenorrhea: Single-center observational study." Traditional & Kampo Medicine. In press
[8] Iwasaki K, Namiki T, Takamura M, Yoshino T, Takayama S and Sakatani K. "Annual meeting of the Japan Traditional Chinese Medicine Association: Quantifying and objectifying traditional Chinese medicine." Journal of Traditional Chinese Medical Sciences 4(1): 10-13.
[7] Hamaguchi T, Yoshino T, Horiba Y, Watanabe K. Goshajinkigan for Low Back Pain: An Observational Study. The Journal of Alternative and Complementary Medicine. 2017, 23(3): 208-213.
[6] Yoshino T, Katayama K, Horiba Y, Munakata K, Yamaguchi R, Imoto S, Miyano S, Mima H, Watanabe K: Predicting Japanese Kampo Formulas by Analyzing Database of Medical Records: A Preliminary Observational Study. BMC Medical Informatics and Decision Making 2016 16:118.
[5] Yoshino T, Nakamura H, Sano M, Horiba Y, Nakamura T, K. W: Elevated Direct Bilirubin - Possible Predictors for Pseudoaldosteronism: A Case-Control Study. Traditional and Kampo Medicine 2016, 3(2):174-176.
[4] Yoshino T, Katayama K, Horiba Y, Munakata K, Yamaguchi R, Imoto S, Miyano S, Mima H, Watanabe K, and Mimura M. The Difference between the Two Representative Kampo Formulas for Treating Dysmenorrhea: An Observational Study. Evidence-based complementary and alternative medicine. 2016; 2016: 3159617.
[3] Katayama K, Yamaguchi R, Imoto S, Watanabe K, and Miyano S. Analysis of Questionnaire for Traditional Medicine and Development of Decision Support System. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine. 2014; 2014: 974139
[2] Tokunaga H, Munakata K, Katayama K, Yamaguchi R, Imoto S, Miyano S, and Watanabe K. Clinical Data Mining Related to the Japanese Kampo Concept “Hie” (Oversensitivity to Coldness) in Men and Pre- and Postmenopausal Women. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine. 2014; 2014: 832824
[1] Yoshino T, Katayama K, Munakata K, Horiba Y, Yamaguchi R, Imoto S, Miyano S, and WatanabeK. Statistical Analysis of Hie (cold sensation) and Hiesho (cold disorder) in Kampo Clinic. Evidence-based complementary and alternative medicine: Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine. 2013; 2013: 398458
【問い合わせ先】 漢方医学センター 直通電話03-5366-3824

【慶應義塾義塾大学医学部
倫理審査に基づく掲示
20100144号】

掲示物へのリンクはこちら



(2)生薬甘草の副作用機序解明及び予防のための研究
多く漢方薬に含まれる甘草という生薬をより安全に用いるための臨床研究を行っています。
■ 甘草の副作用、偽アルドステロン症発症予防のためのバイオマーカーの開発
(Development of biomarkers to prevent pseudoaldosteronism,
one of the most frequent adverse effects of Kampo medicines
containing Glycyrrhiza)
【研究期間】 平成29年4月から3年間

【研究責任者】 三村將
【実務責任者】 三村將
【研究目的】 甘草含有漢方薬による偽アルドステロン症とよばれる副作用の発症には個体差があり、その予測方法は未だに明らかになっていません。そこで、副作用発症をあらかじめ予見するためのバイオマーカーとして、血中または尿中のグリチルリチン代謝物の濃度、血中直接ビリルビンおよびアルブミン濃度が使用できる可能性を検討、開発することがこの研究の目的です。
【研究対象】 当科外来診療において甘草による副作用を発症した患者。
【概要】 偽アルドステロン症の検査のため採取された血液および尿の余剰分を同意の上で提供していただき、年齢・性別と通常血液検査によって得られた血清カリウム値などを参考データとし、名古屋市立大学において血液および尿中のグリチルリチン酸代謝物を測定します。 この研究目的,研究方法は本大学医学部の倫理委員会で十分に審査され,承認されたものです。
承認番号20160314
【問い合わせ先】 漢方医学センター 直通電話03-5366-3824


■ 基礎研究

(1)神経変性疾患に伴う「意欲低下」に対する漢方治療の探索
■ JSPS科研費若手研究(B) 16K19321
長期漢方薬投与における意欲的行動評価系の確立とアパシーに対する漢方薬の有効性評価
【研究期間】 平成28年度から平成30年度まで

【研究代表者】 濱口卓也
【研究目的(概要)】 高齢化社会に伴い神経変性疾患は増加しています。 神経変性疾患に伴う「意欲低下」は,アルツハイマー型認知症の約60%,線条体あるいは淡蒼球病変,パーキンソン病,ハンチントン病の約40%にみられます。 「意欲低下」は日常生活動作に影響を与え,患者本人だけでなく介護者の負担を大きくする要因でもありますが,有効な治療法はまだ確立されていません。 「意欲低下」を呈するモデルマウスを用いて,疾患の進行度合いを一定のレベルで固定し,さらに病理を限局した脳の病変に絞って,「意欲低下」を改善する可能性のある漢方薬を探求することを目的としています。
【関連論文】 [1] Hamaguchi T, Tsutsui-Kimura I, Tanaka KF, Mimura M. Yokukansankachimpihange Increased Body Weight But Not Food-Incentive Motivation in Wild Type Mice. Nagoya J Med Sci. 2017; 79: 351–362.  
【問い合わせ先】 漢方医学センター 直通電話03-5366-3824




■ 研究での受賞



2004年度
自主学習賞
村田 健


2004年度
自主学習賞
大堀 邦明


2004年、2005年度
和漢医薬学会奨励賞
宗形 佳織


2005年度
自主学習賞
吉野 鉄大


2005年度
和漢医薬学会奨励賞
加藤 美帆


2006年度
和漢医薬学会奨励賞
高島 清江


2006年度
自主学習賞
山本 恒久


2007年度
自主学習賞
滝沢 翼


第38回
「漢方研究」イスクラ奨励賞
吉野 鉄大


2013年度
博慈会老人病研究所
先端奨励論文賞
吉野 鉄大


2014年IRCIMH
Trainee Poster Award
吉野 鉄大


2015年度
自主学習賞
濱田 江里奈


第33回和漢医薬学会
優秀発表賞
有田 龍太郎


2016年度
自主学習賞
中島 紗樹

ページトップ▲