受診するために…

慶應義塾大学病院漢方医学センター診療部の特徴
平成5年、慶應義塾大学病院に「現代医学のなかで漢方治療をより良く生かす」を理念として漢方クリニック(現 漢方医学センター診療部)が開設されました。現在では患者数も増え、最先端の医療と体全体にやさしい漢方治療とを同時に受けられる数少ない施設としての地位を確立しています。
そこでは西洋医学に加え漢方を専門に研修した医師より、脈診・舌診・腹診など東洋医学の伝統的な診療方法に基づいて、個々の患者さんに最も適した伝統的な漢方薬による治療を行っております。
服用の簡便なエキス剤が主ですが、伝統的な煎じ薬をお出しすることもあります。いずれも保険が適用となりますので、経済的負担が少なく専門家の診療が受けられます。

診療の多い疾患
胃腸障害(腹痛、下痢、便秘)、慢性肝炎
アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症、蕁麻疹など)
不妊症、習慣性流産などの産科疾患
月経不順、月経痛、冷え症、更年期障害などの婦人科疾患
心身症、自律神経障害、神経症など
高齢者の老化に伴う種々の症状(前立腺肥大、しびれ、膝痛など)
高血圧、糖尿病など生活習慣病
風邪をひきやすい、おなかを痛がるなどの虚弱児童
癌や膠原病などに伴う様々な体の不調や体力低下

治すのは患者さんの体
慶應義塾大学病院漢方医学センター診療部には、乳児から高齢者まで老若男女を問わず受診されています。患者としては上記に挙げたような様々な疾患で受診されています。
よくこの病気は漢方がいいのでしょうか? 現代薬がいいのでしょうか? という質問を受けます。どんな病気に対しても漢方は適応になる、と言っても過言ではありません。大切なことは「治すべきは病気ではなくて患者さんの体である」ということです。
どちらが主となり従となるかは病状により異なりますが、現代医学と漢方医学のいい点を組み合わせることで、より良い治療効果を生むことが多いと考えて下さい。こんな病気が漢方で治るだろうか、と悩む前に是非ともご相談下さい。

漢方医学センターでは平成23年9月1日より、初診患者さんの予約制を始めました。予約の流れについてはこちらを参照ください。

慶應義塾大学病院漢方医学センター診療部の「外来担当表」は、こちらをご覧ください。

ページトップ▲